【詳細】他の写真はこちら

5月24日に発売となるMISIAの最新ライブBlu-ray&DVD『THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you in YOKOHAMA ARENA Final』の予約対象者300名を対象とした、同作の最速先行上映会が本日5月20日、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて開催された。

今回の上映会は、映画館ならではの5.1chサラウンド環境で、MISIAの最新ライブ映像を先行視聴できるというなんとも贅沢な内容。

ライブ本編のオープニングでステージに登場する、全長35メートルの黄金に輝くキングコブラをイメージし、観客にはドレスコードとして“GOLD”が指定されており、会場には華やかな服装のファンが詰めかけていた。

約2時間半の上映が終了したのち、イベントの司会を務めるドラァグクイーン、HOSSY& MARGARETTEがステージに登場。ライブのアンコールにもパフォーマーとして出演しているふたりが登場すると、客席からは大きな拍手が沸き起こった。

その後、「会場の皆さんにとっておきのサプライズをご用意しています!」と、ふたりがステージに呼び込んだのは、なんとMISIA本人! まさかの本人登場にファンは大歓声をあげた。

「DVDできたよ〜!!」と、来週発売の商品を手に登場したMISIAは、集まったたくさんのファンへの感謝を伝えたのち、今回のライブに込めた想いやエピソード、ライブ本番中に起こったハプニングなどを披露。アンコールでパフォーマーのドラァグクイーンを紹介する際に、MISIAがドァラグクイーンに突然マイクを渡しコメントを求めたことに対し、ドラァグクイーンのふたりは「いきなりでびっくりしたわよ〜!(笑)」と、そのときの心境を明かすなど、和気あいあいとした雰囲気のなか、終始トークは大盛り上がりとなった。

さらに、MISIAは「ファンへいちばんに伝えたかった」と、夏にリリースするミニアルバムの詳細も発表。

『MISIA SOUL JAZZ SESSION』(7月26日発売)と題されたミニアルバムは、昨年、神奈川・横浜赤レンガ倉庫にて開催された『 Blue Note Jazz Festival in Japan 2016』での共演がきっかけとなり、日本人として初めてUSブルーノートとの契約を結ぶトランペッター奏者・黒田卓也を迎えて、制作。MISIA初のソウルジャズ・アルバムとなる。

世界的ミュージシャンたちとともに演奏した自身の代表曲のセルフカバーを中心に、Netflixドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』主題歌「最後の夜汽車」(甲斐バンドカバー)や、新曲も収録。高音質にこだわり、Blu-spec CDでリリースされる

イベント終盤には、MISIAとファンが記念撮影をするひと幕も。まもなくデビュー20周年を迎えるMISIAとのとっておきの空間は、ファンにとってサプライズづくしの感無量なイベントとなった。



リリース情報



2017.05.24 ON SALE

Blu-ray&DVD『THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you in YOKOHAMA ARENA Final』

2017.07.26 ON SALE

ALBUM『MISIA SOUL JAZZ SESSION』

『THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP 』特設サイト

http://www.misiasp.com/2017dvd01/

MISIA OFFICIAL WEBSITE

http://www.misia.jp/