19日、RFI中国語版サイトは記事「習近平主席が韓国特使と会見、中韓関係は改善へ」を掲載した。習主席は、文在寅新大統領の特使として訪中した李議員と会見した。写真は天安門広場。

写真拡大

2017年5月19日、RFI中国語版サイトは記事「習近平(シー・ジンピン)主席が韓国特使と会見、中韓関係は改善へ」を掲載した。

高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定により悪化していた中韓関係に、改善の兆しが見えている。19日、習主席は、文在寅新大統領の特使として訪中した李海●(●は王へんに賛の夫がそれぞれ先)議員と会見した。習主席は「対立の適切な対応を進め、一刻も早い中韓関係正常化を推進したい」と発言している。

韓国・聯合ニュースによると、米国を訪問した洪錫[火玄]特使は米政府高官及び議員に対し、THAAD配備決定は議会の批准を受けていないとして、配備について国会審議が行われることは免れないと説明したという。また台湾・中央通訊社によると、中国で4000人規模の巨大ツアーが韓国行きを検討しているという。もし事実だとすれば、THAAD配備の報復措置としての旅行制限が緩和された可能性がある。(翻訳・編集/増田聡太郎)