ハーディがなんとヴェノムに!!
 - Matt Winkelmeyer / Getty Images、Marvel via Getty images

写真拡大

 スパイダーマンの宿敵ヴェノムを主人公にしたスピンオフ映画の主演が、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディに決まった。同作を手掛けるソニー・米ソニー・ピクチャーズが発表した。

 ヴェノムは、スパイダーマンの能力を記憶した地球外の寄生体シンビオートが、人間の身体を乗っ取ることで超人的な力を手に入れる凶暴なヴィラン。サム・ライミ監督が手掛けた映画『スパイダーマン3』(2007)にも登場するなど、シリーズ屈指の人気を誇る悪役だ。

 今回、主演のハーディが演じるのは、ヴェノムと化すエディ・ブロックで、『ゾンビランド』のルーベン・フライシャー監督がメガホンを取ることも決定。米ソニーは公式Twitterで、ヴェノムが描かれたTシャツを着ているハーディの写真を添えて発表した。2018年10月5日全米公開予定で、今秋にも撮影をスタートさせるとのこと。

 なお、マーベルスタジオと手を組んだ新作『スパイダーマン:ホームカミング』の公開を今夏に控えている米ソニーだが、本作をきっかけに独自の“マーベル・ユニバース”を展開するつもりだといい、どちらも女性ヒーローであるブラックキャット&シルバー・セーブルを主人公にしたスピンオフ作品の製作も進められている。ソニー独自のマーベル・ユニバースは、マーベルスタジオの映画作品とクロスオーバーすることなどはないようだ。

 ハーディといえば、DCコミックス原作の映画『ダークナイト ライジング』でバットマンを追い込む怪人ベイン役でも知られているが、R指定で制作される可能性も伝えられていた本スピンオフでは、よりダークで過激なハーディのお目見えとなりそうだ。(編集部・石神恵美子)