21日(日)の関東は、20日(土)よりさらに暑くなりそうです。東京都心の最高気温は30度と真夏日予想。スモッグ気象情報も発表されているので、屋外での活動は注意が必要です。


20日(土)は今年一番の暑さ

20日(土)の関東は、晴れて気温が上がり、今年一番の暑さの所が多くなりました。最高気温は、ほぼ全域で25度以上の夏日になり、約3割の地点で30度以上の真夏日になりました。関東で一番気温が高かったのは、群馬県館林市で32度5分。東京都心は28度7分でした。


21日(日)はさらに暑く

関東は20日(土)よりさらに気温が上がります。予想最高気温を見てみると、30度以上の真夏日がズラリ。都心でも、30度と真夏日になる予想です。この時期の暑さは体に堪えますので、こまめな水分補給や日陰での休憩をとるなどして熱中症対策を心掛けましょう。お酒が好きな人にとっては昼間からビールをグイッと飲みたくなる暑さですが、アルコールは利尿作用があるため水分補給にはなりません。ビールと一緒にお水も飲むようにして下さいね。
天気は晴れの所が多いですが、長野県や山梨県では局地的ににわか雨がありそうです。山沿いを中心に夕方から夜にかけてにわか雨があるかもしれませんので、天気の急な変化にお気をつけ下さい。


光化学スモッグにも注意

20日(土)に続き、21日(日)も関東地方にスモッグ気象情報が発表されています。群馬県、埼玉県、千葉県、東京都は、「晴れて日差しが強い」、「風は風速4メートル以下と弱い」、「日中の最高気温が30度以上」と、光化学スモッグの発生しやすい気象状態になる見込みです。熱中症のような症状に加え、目がチカチカする、喉が痛くなるといった症状が出ることがあります。うがいや洗眼を行い、激しい運動は控えるなどの対策を心掛けましょう。屋外での活動は、熱中症だけでなく光化学スモッグにも注意をして下さい。