右サイドアタッカーで先発したマルティノス。しかし、守備でパワーを使う時間がほとんどだった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ12節]横浜 1-1 仙台/5月20日/日産スタジアム
 
 思わず不満が口から漏れた。仙台との試合後、取材エリアに現われた横浜のマルティノスは、肩を落としながらこう語った。
 
「今日も『自分がそこまで下がらなきゃいけないのか?』って場面が多かった』
 
 序盤から試合のペースを握ったのは仙台で、横浜は守勢を強いられる。その中で右サイドアタッカーのマルティノスもポジションを下げざるをえず、自ら「苦手」だと言い切ったディフェンスでパワーを使った。
 
 なんとか耐え凌いだ横浜は前半終了間際、ハーフウェーライン手前でボールを拾ったマルティノスが縦に浮き球のスルーパス。これで相手最終ラインの裏に抜け出した前田直輝が、先制ゴールを流し込んだ。
 
 アシスト記録したマルティノスはしかし、これを「運が良かった。狙った形の良いカウンターというわけではなかった」と振り返っている。
 
 横浜は後半も受け身の戦いが続き、77分にCKから大岩一貴にヘディングシュートを決められて被弾。攻撃面は最後までなかなか機能せず、1-1のドロー決着となった。
 
 マルティノスは自陣低い位置でディフェンスに奔走し、たまに敵陣でボールを持っても前田や齋藤学、伊藤翔ら攻撃陣と噛み合わず、天を仰ぐシーンが目に付いた。得意のドリブル突破も最後まで鳴りを潜めたままだった。
 
「全体的には何もできなかった。相手がどうこうというよりも、自分たちがどう戦うのかを明確にしなければいけない」
 
 この仙台戦を含めた公式戦直近5試合で奪ったゴールはわずか3。横浜オフェンス陣の機能不全に、マルティノスも危機感を募らせていた。

取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWeb)
 
【PHOTO】横浜×仙台の美女サポーターたち♡