今平、独走態勢で最終日へ!悲願達成なるか(撮影:米山聡明)

写真拡大

<関西オープン 3日目◇20日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>
前半は3番でボギーを叩くなど波に乗れなかった今平だが、8番でバーディを奪うといい流れに。結果、4バーディ2ボギーでスコアを2つ縮め、トータル8アンダーで単独首位。2位に5打差をつけ、念願の初優勝に王手をかけた。
開幕戦で話題となった美人キャディ、再び!
プレー終了後、「やはり首位で決勝ラウンドを迎えると独特の緊張感があります。気持ちよく振りたくても振れない。その中でもしっかり振らなければいけませんから」と今平は語ったが、いやいや、見事なプレーぶり。
スタート時、今平、小野田を筆頭に、4打差以内に11人いたアンダーパーグループも、3日目を終わると8人に減った。2位以下に2打差7人。それを見ても、上位選手がスコアを崩す中、この日の今平がいかに際立っていたか分かる。ピンチを迎えてもアプローチを見事ピンそば寄せ、嫌らしい距離のパットもクールにキメていた。もはや独走態勢の感さえある。
ただしテーマは残った。最終18番ホール。初日こそ1パットのパーで凌いだが、昨日はボギー。予選2日間ともティショットをドライバーで攻めたが、狙いどおり打てなかったため、この日は3番ウッドをチョイス。しかし、右のフェアウエェイバンカーにつかまった。さて、明日はどうする?「今日はうまく打てませんでしたけど、多分、また3番ウッドで。風にもよりますけど……」。できれば余裕を持って最終ホールを迎えたいところだ。
これまで優勝争いも何度か味わった。その経験を今回は生かしたい。「何が起きるか分かりませんから、無駄なボギーを叩かないように慎重に攻めたいと思います。でも、バーディチャンスがきたら、それをしっかり取って、明日もアンダープレーを目指します」。この3日間のプレーを見る限り、有言実行してくれそうだ。
なお、今晩は谷口徹と食事をともにする予定だという。「一緒に練習ラウンドさせてもらって、勉強させてもらっています。アプローチの打ち分け方などもいろいろ教えてもらって感謝しています。たまに辛口ですけど、普段はとても優しい先輩です。食事のときは大抵谷口さんが一人でしゃべっているのを聞いていることが多いですね。えっ、谷口さんが前祝いに、今晩はおごってもらうっていってたんですか? いえ、後輩なのでおごってもらいます(笑)」。優勝争いの心構え、ツアー通算19勝の“大先生”にしっかりと教わって、明日に臨む。
文/伊藤昇市
<ゴルフ情報ALBA.Net>

生き字引もビックリ!?高校3年生が難コースで8位タイに
「大先生と呼んで(笑)」 谷口徹が我慢のプレーで上位キープ
生き字引・山本善隆が語る 「難しすぎる」城陽CC攻略ポイントは?
国内女子ツアーの会場から美人プロの撮れたて写真をお届け!「ライブフォト」
最新のギアニュース&試打レポートをまとめてチェック!