川島所属のメス、ヒンシュベルガー監督が1年間の契約延長! 今季1部残留に導く

写真拡大

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは19日、フィリップ・ヒンシュベルガー監督(57)との契約に盛り込まれていた1年間の契約延長オプションを行使したことを発表した。今回の契約延長によって、同監督は来シーズンもチームを率いることになった。

▽2015年にメスの監督に就任したヒンシュベルガー監督は、就任1年目となった2015-16シーズンのリーグ・ドゥを3位で終え、同クラブをリーグ・アン昇格に導いた。今シーズンは降格候補と目された中、11勝16敗10分けの14位と健闘をみせ、最終節を前に1部残留を決定させていた。

▽なお、今シーズンに第3GKの立場でメスに加入した川島は、直近3試合連続で先発出場するなど、シーズン終盤に入ってヒンシュベルガー監督の信頼を勝ち得ており、来季も残留する場合、大きな後押しとなりそうだ。