19日、中国のインターネット上にこのほど、日本を訪れた観光客による手記が掲載された。

写真拡大

2017年5月19日、中国のインターネット上にこのほど、日本を訪れた観光客による手記が掲載された。以下はその概要。

日本へ個人旅行するなら、前もって鉄道やバスなど公共交通機関の利用方法や目的地までの行き方を把握しておきたいものだ。快適な旅を過ごせるどうかはこれで決まるとさえ言う人もいる。特に、東京近郊の路線図は頭がくらくらするほど複雑だ。皆さんの出発前に、私の経験を参考までに共有したい。

(1)日本の鉄道は運営会社が複数存在するので、フリーパスなどを購入する際は注意しよう。1つの鉄道会社限定のものから各社を網羅するものまでさまざまなタイプがある。こうした事情を知らず、私は地下鉄の1日乗車券を無駄にしてしまった。

(2)規模の大きな駅に着いたら迷子にならないように気を付けよう。大きな駅には必ずインフォメーションセンターがあり、英語が通じる。中国語OKのところもある。乗り場や出口が分からなくなったら、こうしたセンターを利用しよう。

(3)日本のバスは時間に正確だ。「きっと遅れて来るだろう」などと期待しすぎてはいけない。乗り遅れたら、地域によっては次のバスが来るまで30分や1時間も待たされることになる。

それから、日本の地下鉄は日本っぽい写真を撮るのにとても適している場所だ。カメラ好きの皆さんは観光地だけでなく、駅でもきれいな写真を撮影するのを忘れずに。もちろん、安全に注意して、他人に迷惑はかけないようにしよう。(翻訳・編集/柳川)