浦和がホームで清水に痛恨ドロー 興梠ハットトリックも後半7分間でまさかの3失点

写真拡大

2点を先制するも、清水の強力2トップに電光石火の3ゴールを奪われる

 派手な点の取り合いになったゲームは痛み分けに終わった。

 20日のJリーグ第12節、浦和レッズ対清水エスパルスは、FW興梠慎三のハットトリックで首位の浦和が3点を奪うも、清水もFW鄭大世の2ゴールとFWチアゴ・アウベスのゴールで3得点。3-3の引き分けに終わった。

 浦和は2試合出場停止のDF森脇良太がこのゲームまで出場できず、前節のアルビレックス新潟戦に続いてMF宇賀神友弥を右ストッパーにコンバートした。FWラファエル・シルバが負傷欠場となり、FW李忠成をスタメン起用して臨んだ。

 最初にリズムをつかんだのは浦和だった。開始1分でFW興梠慎三がゴールポスト直撃のシュートを放つなどパスワークでリズムをつかむと、前半24分にエースの美技が炸裂した。左サイドのMF関根貴大が中央に入れたラストパスがゴール前に浮くと、いち早く反応した興梠はそのまま左足でオーバーヘッドキック。鮮やかなシュートがゴールに吸い込まれ、浦和が先制に成功し、1-0とリードして前半を終えた。

 すると後半は点の取り合いになった。まずは浦和が同12分、右サイドを突破したMF駒井善成のクロスに興梠が打点の高いヘディングで合わせて2点目。リードを広げ、浦和の勝利へのムードが高まった。

興梠が意地を見せるも勝ち切れず

 しかし、ここから清水の強力2トップが爆発した。まずは同19分、FW鄭大世がペナルティーエリアの左角付近から左足を強振すると、鮮やかン一撃がファーサイドに突き刺さりゴール。さらに同24分、カウンターからゴール前のこぼれ球を鄭大世が押し込んで同点。さらに2分後には、ロングボールを受けたFWチアゴ・アウベスが左足でコースを突いたコントロールシュートを決め、7分間で一気に3点を奪って逆転した。

 まさかの展開に意地を見せたのが、浦和のエース興梠だった。同29分にペナルティーエリア内の中央に進出した関根のラストパスを受けると、GKとの1対1を冷静に決めて同点ゴール。キャリア3回目、今季2回目のハットトリックで3-3の同点に持ち込んだ。興梠にとって、すべて流れのなかから決めたハットトリックはキャリア初のことだった。

 その後はFWズラタン、MF矢島慎也を投入した浦和が勝ち越しを目指して攻勢に出たが、決勝ゴールは奪えず。点の取り合いは痛み分けに終わり、2点をリードしながら勝ち切れなかった首位の浦和にとっては手痛い勝ち点1となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images