クリスティアーノが前半終了間際に先制点をゲット。写真:田中研治

写真拡大

[J1リーグ12節]磐田 0-2 柏/5月20日/ヤマハ

 柏がアウェーで磐田に勝利し6連勝を達成。暫定首位に浮上した。

【磐田0-2柏 PHOTO】クリスティアーノと中川の2ゴールで柏が6連勝!

 試合は立ち上がり、磐田が立て続けにチャンスを迎える。4分にアダイウトンがGK中村と1対1となるが、これは中村の好セーブに阻まれる。さらに7分には中村俊がFKでゴールを狙うが、これも中村の好守に阻止された。

 その後は、徐々に柏がポゼッションで上回りゲームを支配。すると44分、柏はドリブル突破でペナルティエリア内に進入した伊東がクロスを送ると、これをクリスティアーノが押し込み先制点をゲット。クリスティアーノの今季4点目で柏が1点をリードして前半を折り返す。

 後半に入り、まずビッグチャンスを掴んだのは磐田。51分、川辺がGK中村と1対1を迎える。だがシュートは中村の好守に阻まれ、さらにこぼれ球に反応した川又のシュートもDFに阻止された。

 すると今度は柏にチャンス。54分、伊東の縦パスに抜け出した武富がGKカミンスキーと1対1。ドリブルでかわしにかかった武富は、勢い余ったカミンスキーに倒され、主審はホイッスルとともにペナルティスポットを指し、PKの判定。しかし、磐田側がこの判定に抗議し、さらに審判団が協議した結果、PK判定は取り消されてしまう。柏はPKの機会を逸し、磐田のドロップボールで試合は再開された。

 しかし柏は、この展開に動じることなく、74分に追加点をゲット。カウンターからクリスティアーノが右サイドを駆け上がり、クロスを送ると、これをファーサイドで中川が合わせゴールネットを揺らす。柏がリードを2点に広げた。

 そして、この2点のリードを守り切った柏が敵地で勝利を挙げ、破竹の6連勝を達成。同時刻で清水と対戦した浦和が引き分けたため、柏が暫定首位に立った。19時キックオフのG大阪対鳥栖で、G大阪が引き分け以下に終われば、柏が今節終了時で首位に立つことになる。柏は勝点24とし、浦和は勝点23。G大阪は試合開始前の時点で勝点22となっている。