カウンターから先制点を奪ったホニ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ12節]新潟×札幌/5月20日/デンカS

 呂比須ワグナー新監督率いる新潟が、電光石火のカウンターで札幌から先制点を奪った。

 0-0で迎えた66分、相手CKのクリアボールを拾った富澤清太郎がドリブルでボールを運び、前線を走るホニにスルーパス。これを受けたブラジル人エースが、エリア内の角度のないところからシュートを叩き込み、新潟に先制点をもたらした。

 新潟はこのまま勝てば、呂比須体制で初勝利。また今季リーグ戦2勝目、ホームでは今季初の勝点3となる。