今季9点目を豪快なバイシクルシュートで叩き込んだ興梠。浦和が先制点を挙げた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 J1リーグは5月20日、12節の9試合を各地で開催。埼玉スタジアムでは浦和レッズ対清水エスパルスが14時から行なわれている。

 試合は24分、カウンターから関根がシュートを放ったボールがDFに当たり浮き球になると、これに反応した興梠が素早い身のこなしから、バイシクルシュートで左足を一閃。シュートは豪快にゴールネットを揺らし、浦和が先制点を奪った。

 興梠は今季9点目。得点ランキングでは、同じ浦和のラファエル・シルバに3ゴール差をつけて、堂々のトップに立っている。