台湾で人気の日本のラーメン  6月には「一蘭」がオープン

写真拡大 (全2枚)

(台北 20日 中央社)台湾には近年、「一風堂」「山頭火」など日本のラーメン店が多く出店し、各地でしのぎを削っている。今年4月には、ラーメン店として世界初のミシュラン1つ星に輝いた「Japanese SobaNoodles蔦」も参入した。6月15日には福岡発のとんこつラーメン「一蘭」が台北にオープンする。

台北の「一蘭」は独特のオーダーシステムや席に仕切りを設ける「味集中カウンター」などで知られる。台北店でもこれらをそのまま踏襲し、24時間営業で台北っ子の味覚に挑む。

(余暁涵/編集:塚越西穂)