トータス松本(ウルフルズ)

写真拡大

19日深夜放送の「バズリズム」(日本テレビ系)で、ロックバンド・ウルフルズトータス松本が、ライブで観客に怒った過去を振り返った。

番組では、ゲストにウルフルズが登場。「ウルフルズのココが変わった 劇的変身ビフォーアフター」と題し、今だから感じる過去とは変わった点について語っていた。

その中でトータスの性格が昔に比べて「丸くなった」と話題に挙がる。トータス自身も「昔はとんがってました」と認めており、「対バンの悪口を言った」などと共演バンドに悪態をついていたと告白したのだ。

メンバーによると、トータスはよく観客に対しても怒っていたようだ。トータスは「対バンのお客さんがしれっと観てるのが耐えられへん」と、自分らに関心のない観客にイラ立っていたのだとか。そういった観客に対して「しれっと観るなら帰れ!」「観るならみろ、観ないなら帰れ」と客席に怒号を飛ばしていたという。

トータスは「若気の至り、恥ずかしいね」と照れつつ、「恥ずかしいけどかわいいわ」と自賛して笑みをこぼしていた。

【関連記事】
ビートたけしが高額納税に恨み節「200億円稼いで税金が180億」
遠野なぎこが店員の釣り銭の渡し方に苦言「すごく腹が立つ」と不快感
山里亮太 神田沙也加のパーティーでのマスコミに怒り「何様だこの野郎!」