20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内でネイリストとして働く立花杏さん(仮名・34歳)。ふんわりと巻かれた茶髪に、目を囲むようにひかれたアイラインなど濃い化粧が印象的な女性です。小柄で細身、体のラインがわかる服を着て、わかりやすいブランドバックにハキハキと話すしぐさはどこか気の強さを感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親との3人家族です。父は普通のサラリーマンで、母もOLをしていました。家族仲も普通に良かったですが、小さい頃は母親が帰ってくるのが夕方以降だったので寂しかったですね。学生時代の成績も中の中といった普通でしたし、友達も多くはなかったですが、ひとりぼっちになることはなかったです。近所に女の子との幼馴染がいて、高校までずっと一緒だったんですよ。高校までは何があっても味方でいてくれましたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学に入ってからです。中学、高校ともまったくモテなかったんです……。今でこそロングヘアなんですが、中高ともにショートカットで男の子みたいな感じだったんですよ。それに、幼馴染がかわいくてモテモテだったんで、高校卒業まではずっとその子の引き立て役でした。その幼馴染だけではなく、なにかとかわいい子と好きな人が被ることが多くて……。高校のアルバイト先で好きになった男子校の男の子がいたんですが、電話をするような関係にまで進展していたのに、学校でかわいいと有名な子がいきなりアルバイト先で働くようになって、その男の子との電話にその子がどんどん会話に出てくるようになって、結果彼女が付き合うようになりました……。最後のほうには彼女の学校での生活を彼に質問されたりしていたので、もう散々でしたね。

そんな高校生活だったんですが、大学に上がってたまたま仲良くなったグループが派手なギャルの集まりで、その子たちにレクチャーを受けてどんどん女らしくなった感じです。大学デビューですね。初めての彼氏はその子たちに連れ行ってもらった合コンで知り合った他の大学の同い年の男の子です。初めて告白されて、うれしくて付き合いました。でも緊張してまったく話せずに、彼は私と付き合っている間も合コンに参加していたみたいで、2か月ぐらいですぐに振られました」

大学デビューで合コン三昧な日々を過ごす

その後、週に1〜2度の合コンを繰り返す大学生活を送ります。

「髪を伸ばして茶髪にして、化粧をバッチリして、今まで着なかった体のラインが出るワンピースを着て、合コンを繰り返しました。最初こそかっこいい人を見ると緊張したりしていたのに、回数を重ねて自分が派手になっていくにつれて自分は男性たちよりイケてると思うようになり、男性を軽くあしらえるようになりました。適当に盛り上がった合コンの中で友達と被らない好きな人を見つけて、数回会うだけで付き合う。その間も合コンは回数を減らすものの、彼には嘘をついて参加していました。そして彼氏持ちで参加していた合コンの中でさらにいい感じの人を見つけたら付き合っている彼氏と別れて、その人と付き合うといったような生活を繰り返していました。

あまり学校にも行かなくなっていて、1年留年したほど、遊びまくっていましたね……。その遊びまくっていた頃に、高校時代のバイト先の好きな人を取られた同級生に偶然道ですれ違ったんですが、私にはまったく気づかなかったです。声をかけたら、変わりぶりにびっくりしていました。その時にあらためてその子のことを見ると、全然かわいくないと思いました。今なら絶対私のほうがかわいい、と思ったことを覚えています。高校までずっと仲が良かった幼馴染は、合コンばかりを繰り返す私をややバカにした感じだったので、忙しさを理由に会わなくなり、結局今もそのままですね」

杏さんは就職活動に失敗、大学を卒業後は服の販売員としてアルバイトを始めたそうです。

「大学を卒業後も大学時代とは合コン仲間は数人は入れ替わっていましたが、同じ頻度で合コンを繰り返していました。そんな時、高校時代の当時学校でモテモテだった先輩が合コン相手として来たんです。私のことはまったく覚えていなかったんですが、同じ高校ということで意気投合。私も少し憧れていた人だったので、久しぶりに恋愛で浮かれていました。そして、彼と付き合うことになります。彼との付き合いの中で、私の男性に求めるタイプが初めてはっきりしましたね……」

合コンの中で、アドレス交換を繰り返すうちに登録件数は1000件オーバーに。誰が誰かわかるように登録名には日付と特徴を入れるようになったそうです。

高校時代に人気のあった先輩との恋。社会人になった彼は、恋愛以外にあるものを教えてくれました。その後、アクセサリー感覚で男を選ぶようになり……!?その2に続きます。