内村光良(ウッチャンナンチャン)

写真拡大

19日深夜放送の「マヨなか笑人」(読売テレビ)で、内村光良の厳しさを、事務所の後輩であるお笑いコンビ・三四郎が告白した。

番組では、マセキ芸能社に所属する三四郎とナイツの2組がゲスト出演し、事務所の裏側を暴露した。

お題が「事務所で一番芸に厳しい芸人は?」に移ると、三四郎が内村の名を挙げる。その理由を三四郎・相田周二は「基本的にはすごい優しい方ですけど、バーターを嫌うんです」と明かしたのだ。

バーターとは、事務所が売れている芸能人の出演条件として、知名度の低い新人芸能人などを一緒に出演させることを指す。相田は内村の指導を「自分でここまで上がってこいスタイル」「厳しいというか、愛情の裏返し」と評した。この内村の方針にスタジオからは感嘆の声があがった。

ちなみに、ナイツは「南原清隆」を挙げていた。それは、南原がお笑いコンテストで審査員を務めた際、後輩であるナイツに辛口採点したことが理由だという。南原も内村同様に「身内ひいき」はしないようだ。

【関連記事】
内村光良がオードリー・春日俊彰の態度に一喝「ローカルなめんなよ!」
ウッチャンナンチャンの内村光良が「ヒルナンデス!」に嫉妬心をむき出し
内村光良 海外で体を張ったロケに挑戦するも不本意な結果に「オーマイガット!」