38万円で買ったトヨタ・セルシオ

写真拡大

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。いいものをお得に消費する日々を送っている私ですが、最近時計のほかに高級品を1つ買いました。いいものといっても私の著書『もう新品は買うな!』に書いたとおり、売る前提であれば本質的にはまったく高くありません。

 さて、私が買ったいいモノとは車なのですが、その車とはトヨタ・セルシオ。セルシオといえばかなりの高級車として有名ですが、今回そのクルマを38万円(総額)で買いました。

 クルマに興味のない人からすると、「廃車寸前のボロボロ車を掴まされたネタ」かと思われるかもしれません。また、クルマに詳しい人からすると「今時セルシオかよ、しかも30前期(笑)」という感じでしょう。そして38万円で買っても税金が高かったり、維持費が高いと突っ込む人も多々いるでしょう。

 なんてたって、このセルシオはV8 4.3リッターという巨大なエンジンが搭載。多くの人がハイブリッドカーを買い、セルシオクラスの高級車までもが2リッター程度までエンジンをダウンサイジングする今では、かなり敬遠されるクルマです。

 実際、先日私の手元には8万7900円もの自動車税納付書がやってきました。また、数か月走った結果の平均燃費はリッター6kmといったところです。これがハイブリッドのクラウンやレクサスGSならば、自動車税は5万円以下、燃費はリッター10kmを超えるでしょう。

 セルシオはあまり壊れるクルマではなく、整備代がそこまでかからない反面、高い自動車税と燃費の悪さは、維持費の高さに繋がりそうなところです。

 そのため、38万円で買えるといっても結果的に高い買い物になるのではないかと思う人が大多数でしょう。しかし、私はこのセルシオこそお得だと断言します。

 どれぐらいお得なのかというと、新車で軽自動車を買うよりもお得です(※資料・図1参照)。

<3年乗った場合の総額>

●購入額と下取り額の差額
・セルシオ 38万円-18万円=20万円
・軽自動車 141万1480円-55万円=86万1480円

●年間1万km走った場合の維持費×3年
・セルシオ 37万9642円×3年
・軽自動車 17万5068円×3年

●3年間の合計
・セルシオ 133万8925円
・軽自動車 138万6683円

⇒【資料】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1332381

 最近、軽自動車が人気のため下取り額はいい傾向ですが、新車価格も高いため、結果的にクルマに支払う金額は80万円程度と考えるのが妥当でしょう。

 定価を見れば、かなり安く感じる軽自動車でも、オプションやら納車費用やらで、その総額は140万円ぐらいになるかと思います。メーカーのホームページで軽く見積もりした結果でも上記のように141万円という額になりました。

 なお、買取価格については、今から3年前に販売されたワゴンRの上記同グレードの買取相場を確かめた結果です。

 新車のワゴンRとセルシオの購入総額では、約66万円のワゴンRのほうが高い一方、ガソリン代や税金などの年間維持費も含めた年間総額は、ワゴンRのほうが約20万円安いという計算になります。ですから、3年乗るという前提だとワゴンRとセルシオはほぼ同じ額となるのです。

 ワゴンRの購入総額と買取額を合計した80万円という額が、一般的に「安く買える車」としての印象となるかと思います。確かに、支払総額10万円の軽自動車を買えば、それよりかなり安くなりますが、消費者としては快適性も捨てたくないところです。

 3年以上乗った場合は、ワゴンRのほうがお得となるでしょうが、それでもこのセルシオに対する支払総額は、他の多くのクルマと比較してかなり安い部類に入るでしょう。

 そして快適性で、セルシオを超えるクルマはなかなかありません。いま新車で売られているクルマにおいて、セルシオより快適なモノを買おうと思った場合、クラウンクラスでも勝負にならず、新車価格800万円以上のレクサスやベンツとなるかと思います。

 これでもか、というほどスムーズなエンジンは一般的なV8エンジンより遥かに優れていて、精密な部品がもたらすモーターのような感覚は足元にも伝わってきます。2000回転以下で日常的な速度域をこなせてしまうほどトルクたっぷりなエンジンは、高回転域でもしっかりとパワーを発揮。普段は穏やかに走っても、いざという時に踏めばかなり早く加速していきます。

 ドアは4枚とも半ドア状態で自動的に閉まる機能を搭載。この機能、ベンツのSクラスだと500L以上にしか搭載されていないということもあり、いかにも「高級車だ」と感じることができオーナーを満足させます。

 シートからは風が出る仕様なのですが、ベンツなどのベンチレーターとは違い、温かい風と冷たい風を出すことが可能。これ、冷蔵庫などにも使われるペルチェ素子を使ったかなりの贅沢機能です。

 これだけ魅力的なセルシオが、なぜ総額38万円で買うことができたのか。それは単に人気がないからです。冒頭に書いたとおり、クルマに詳しくない人からは「無駄」と思われ、クルマ好きからは「30前期」とバカにされる。つまり、どの方向からも需要がないのです。

 この38万円のセルシオ、普通の中古車屋さんで買ったのですが、なにか問題がある車両というわけではなく、業者オークションでも評価点4点以上になるレベル。ちなみに、買った時の走行距離は3万8000kmで修復歴なし、それでいて内外装もかなりきれいでタバコの臭いもありません。

 ありとあらゆる方向から、今の時代においてかなり需要がないこのセルシオは、実はかなりお得な物件であるのです。

 10年落ちのクルマは高級車ではないとか、今時セルシオという人もいるでしょう。しかし、このクルマは完全に高級車です。それは、先のような快適性や性能だけでなく、街中で車線変更した時に周りのクルマの反応からも感じられます。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1332351

 お得なクルマの買い方というと、ハイブリッドカーや軽自動車というイメージがあります。しかし、そのイメージにとらわれず考えて消費をすると、これだけいいクルマをお得に買うことができるのです。

【斉藤由貴生(さいとう・ゆきを)】
1986年生まれ。日本初の腕時計投資家として、「腕時計投資新聞」(http://www.udedokeitoushi.com/)で執筆。母方の祖父はチャコット創業者、父は医者という裕福な庭に生まれるが幼少期に両親が離婚。中学1年生の頃より、企業のホームページ作成業務を個人で請負い収入を得る。それを元手に高級腕時計を購入。その頃、買った値段より高く売る腕時計投資を考案し、時計の売買で資金を増やしていく。高校卒業後は就職、5年間の社会人経験を経てから筑波大学情報学群情報メディア創成学類に入学。お金を使わず贅沢することのプロフェッショナルとして、「腕時計投資」を推奨している。著書に『腕時計投資のすすめ』(イカロス出版)と、新刊の『もう新品は買うな!』がある