世界中の博物館で記念行事が行なわれる“国際博物館の日”が5月18日に設定されているなど、5月はなにかとアートイベントが多く実施されています。しかも、小さなアート展だけではなく、大規模なものもチラホラ。ここでは、美術館や博物館などが点在する上野エリアのアートイベントと、横浜の昔を知ることができるアート展をご紹介します。

上野エリアをお得に楽しみたいなら今がチャンス!「上野ミュージアムウィーク」

上野エリアでは、“国際博物館の日(5月18日)”にちなんで上野恩賜公園周辺にある博物館、美術館、動物園など 13 施設が連携した恒例イベント「上野ミュージアムウィーク」を5月21日まで開催中!“国際博物館の日”とは、博物館の役割をより広く知ってもらうことなどを目的に、5月18日とその前後に世界中の博物館で記念行事が行なわれているそうです。今回はイベントのほかに、下町情緒を受け継ぐ上野のれん会の加盟店も参加し、飲食店では1品サービスや割引が受けられるなどのお得なクーポン&半券サービスが5月いっぱい(31日まで)実施されています!友達はもちろん、家族を誘って、上野の杜と街をまるごと楽しんでみてはいかがですか。

5月20日(土)には、東京都美術館にて『“とびラー”と巡る「建築ツアー」』が無料で、国立科学博物館にて『上野学園大学ミュージアムコンサート』が入館料のみで楽しめます♪

「国際博物館の日」記念事業 2017 上野ミュージアムウィーク
開催期間:〜2017年5月21日(日)(お得なクーポン&半券サービスは〜5月31日(水))
会場(参加施設・団体): 東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、東京藝術大学大学美術館、東京都美術館、東京都恩賜上野動物園、上野の森美術館、台東区下町風俗資料館、台東区立旧東京音楽学校奏楽堂、旧岩崎邸庭園、国立近現代建築資料館、国立国会図書館国際子ども図書館、東叡山寛永寺、上野のれん会(順不同)※会期中に休館日あり

公式サイト:http://www.ueno-mw.com/

「横浜」の過去に触れることのできる2つの展覧会『麗しき東西交流』、『ヨコハマ・スピリッツ』

海外に開かれた玄関口であり、異文化の交流の地へとなった横浜には独自の文化が発展しています。そんな「横浜」に注目した2つの展覧会が現在開催中です。横浜焼や芝山細工など横浜発の工芸品が展示されている「横浜美術館」では、『ファッションとアート 麗しき東西交流』と題されたアート展が実施されています。着物のような華やかな刺繍が施されたドレスや、金糸の菊の紋織が艶やかなシャネルのコートなど、19世紀後半から20世紀前半に東西を行き来した、麗しき品々が展示されています。また、真葛焼や横浜焼などの陶磁器、芝山細工の家具、羽二重のドレスなど、横浜で作られた工芸品は、横浜開催ならでは。明治期の横浜から発信された“Made in Japan”の品々も展示場に並んでいます。

一面に刺繍が施された、ターナー「ドレス」 1870年代 京都服飾文化研究財団蔵 リチャード・ホートン撮影。

もう1つの展示会では、横浜と猫を愛した文豪である大佛次郎氏の生誕120年記念『大佛次郎のヨコハマ・スピリット』が「大佛次郎記念館」にて開催中。今回の展示では、執筆の場として10年間利用していたホテルニューグラントや、よく通った店など、横浜との具体的な関わりが紹介されています。大佛次郎氏の生活を彩った、当時のモダン・ヨコハマの雰囲気を再現しており、過去の横浜に触れることができます。

港の見える丘公園の敷地内にあるレンガ造りの建物が「大佛次郎記念館」。

「横浜美術館」ファッションとアート 麗しき東西交流
開催日程:〜2017年6月25日(日)10:00〜18:00(入館17:30まで) ※夜間開催:5月17日は20:30まで(入館20:00まで)
休館日:木曜日
場所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
料金:一般1,500円ほか
※開港記念日の6月2日(金)は観覧無料 ※きものでの来館は当日100円割引
公式サイト:http://yokohama.art.museum/

「大佛次郎記念館」大佛次郎生誕120周年記念『大佛次郎のヨコハマ・スピリット』
開催日程:〜2017年7月9日(日)10:00〜17:30(入館は17:00まで)
休館日:月曜日(祝休日の場合は翌平日)
場所:横浜市中区山手町113番地
料金:大人(高校生以上)200円ほか
公式サイト:http://osaragi.yafjp.org/