<トリプル世界戦前日計量>計量をパスした村田諒太(右)とアッサン・エンダムはベルトの前で握手する

写真拡大

 ◇WBAミドル級王者決定戦 同級1位 アッサン・エンダム≪12回戦≫同級2位 村田諒太(2017年5月20日 有明コロシアム)

 エンダムも「完璧な状態に仕上げてきた」とのコメントどおり、リミットを200グラム下回る72.3キロで計量を一発パスした。

 これまでにWBA暫定、WBO(暫定から正規王者に昇格)、WBA暫定とミドル級のベルトを3度獲得し、世界戦は今回で7戦目。持ち味のフットワークを生かせるように、日本開催にあたっては規定(5.47メートル以上7.31メートル以内)内で最も大きいリングの使用を要求するなど用意も周到だ。