計量をクリアし笑顔でVサインを決める拳四朗(右)とガニガン・ロペス

写真拡大

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(20日、有明コロシアム)

 同級4位・拳四朗(25)=BMB=に“勝ち時”が到来した!?前日計量を100グラムアンダーの48・8キロで一発パス。ダブルピースで笑顔を見せ、開店時間の早朝8時に合わせて買い出しに行ったというベーグルをほおばった。

 ネットで見つけたという店の最寄り駅はなんと「勝どき」。「縁起よくないですか。だから明日は勝てるんですよ」と童顔をほころばせた。世界初挑戦にも気負いはない。「ホントに勝つだけ。やってきたことを出すだけです」と短い言葉に決意を込めた。