いまメディアで話題の「マレーシア大富豪」をご存じだろうか? お名前は小西史彦さん。24歳のときに、無一文で日本を飛び出し、一代で、上場企業を含む約50社の一大企業グループを築き上げた人物。マレーシア国王から民間人として最高位の称号「タンスリ」を授けられた、国民的VIPである。このたび、小西さんがこれまでの人生で培ってきた「最強の人生訓」をまとめた書籍『マレーシア大富豪の教え』が刊行された。本連載では、「お金」「仕事」「信頼」「交渉」「人脈」「幸運」など、100%実話に基づく「最強の人生訓」の一部をご紹介する。

「実力」だけでは成功できない

 私は、いろんな人に「成功の秘訣」について尋ねられてきました。
 そのたびに、これには困らされてきました。なぜなら、私は“自分の力”で成功したわけではないからです。妻にもよくこう言われます。

「あなたは、人生においていくつかの幸運に恵まれた。自分の実力だと勘違いしてはいけませんよ」と。

 そのとおりです。幸運がなければ、いまの私はありえません。いわば、「幸運の力」もあって、それなりの成功をおさめることができたのです。

 そもそも、私は「自分が成功者だ」とは思っていません。いまも私は「途上」にいる者です。私には、どうしても実現したいことがあります。ただし、それは「成功者」になることではありません。自分の人生に満足したいのです。与えられた人生を意味のあるものにしなければならない、と私は思い続けて生きてきただけなのです。

 その前提で、私なりの「成功の秘訣」について、お話ししていきたいと思います。先ほど、私は「幸運の力」もあって成功をたぐりよせることができたと言いました。しかし、あらゆる幸運には必然性があります。根源的に重要なことをコツコツとやり続けている人には、幸運が巡ってくる。奇跡ともいうべき現象が起きるのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)