無免許運転で事故を起こしたのに現場から逃走したなどとして、大阪府警布施署は20日、自動車運転処罰法違反(過失傷害、無免許)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、大阪府八尾市南木の本の自営業、田中剛容疑者(55)を逮捕したと発表した。

 容疑を認めている。

 逮捕容疑は19日午前11時ごろ、同府東大阪市新上小阪の路上で、無免許でトラックを運転中、同府大東市の男性(65)が乗る自転車と衝突。男性に頭部打撲などの軽傷を負わせたにもかかわらず、そのまま逃走したとしている。

 同署によると、防犯カメラの映像などから田中容疑者を割り出した。免許は約1年前に取り消されていたという。