モリタエコノス プレス式電動塵芥収集車 プレスマスター E-SVN

写真拡大

モリタエコノスは、プレス式電動塵芥収集車の新モデル「プレスマスター E-SVN」を5月23日から26日の4日間、東京ビッグサイトで開催される「2017NEW環境展」に出展し、6月より販売を開始する。

プレスマスター E-SVNは、「より安全に、使いやすく。街にやさしい!」をコンセプトに開発した、ハイブリッド駆動システムを搭載するプレス式電動塵芥収集車。同社独自のハイマウントリアパネルに灯火器などを集約し、後方からの視認性を高めたほか、作業者の負担軽減を図るため、投入口の高さを約700mm以下に設計し作業性を向上させた。

また、ボディ容積はクラス最大の4.3立方米に拡大し基本性能を高め、さらに電動駆動モードでは排気ガスゼロ、連続作業回数はクラス最多の22サイクルを実現し、騒音レベルは68dBに低減した。

価格(標準仕様・税別)は950万円から。 《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》