文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は19日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が10日に就任してから10日間、各国首脳や国際機関などから計144件の就任を祝うメッセージや祝電が届いたと発表した。

 文大統領は就任後、米国や日本、英国、ドイツ、カナダ、中国、メキシコ、オーストラリア、インド、ロシアの首脳とそれぞれ電話会談。国際機関としては国連の事務総長と欧州連合(EU)大統領と電話会談を行った。
 近く、フランスやイタリア、インドネシアなどの首脳とも電話会談する予定だ。
 青瓦台の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は「短い時間に行われる電話外交だが、新しい韓国の出発を知らせる首脳外交として意味のある成果を出している」と述べた。
kimchiboxs@yna.co.kr