こなれ感、透明感に続くトレンドのキーワードは○○感。

写真拡大 (全3枚)

こなれ感や透明感など、美容・ファッション業界を通して、巷では様々なトレンドワードが飛び交っています。そして、今年注目のトレンドワードは、「蒼明感(そうめいかん)」です。今回は、今季トレンドワードの蒼明感についてご紹介。言葉の意味が分かれば、流行のポイントも抑えやすくなりますよ。

イマドキ女子が憧れる女性のイメージは、白!

小学館が運営する女性インサイト研究所が、『美的』『AneCan』『Oggi』『Domani』の4誌の読者100名に調査を行ったところ、現代女性が理想とする女性のイメージカラーの1位は白ということが分かりました。
白は、2位のピンクに大差をつけての支持率で、その理由としては、「自然体で上品」「きれいなだけでなく自立しているイメージ」「清潔感がある」という声が多かったようです。

一概に白といっても、アイボリーやクリームなど、様々な白がありますよね。
そこで、更に調査を進めたところ、現代女性に人気の白は、蒼み掛かった白であるということが判明。
蒼明感という言葉は、これがきっかけで生まれたものなのかもしれません。

 

蒼明感とは?

蒼明感とは、透明感のある蒼み掛かった白を指すキーワード。
上品で落ち着きがあり、知的でシンプル、清潔感があって飾らない、そんな女性を指すときにも使われます。
現代女性の憧れの象徴でもあり、個性よりもバランス感覚に優れていることがポイントとなります。

女優でいうと、井川遥さんや篠原涼子さん、中村アンさんや広末涼子さんなどが当てはまるかもしれませんね。

 

蒼明感を演出するには?

血管が透き通るような薄付きメイク

ファンデーションやコンシーラーを使って、徹底的に肌を白くしただけでは、蒼明感は演出できません。
蒼明感を演出するには、コンシーラーをあえてオフ。
ファンデーションも控えめに。
化粧で美肌をつくるのではなく、素肌から美肌を叶え、血管が透き通るくらいの薄付きメイクにこだわってください。
頑張り過ぎていないナチュラルな余裕が、蒼明感を演出してくれます。

 

潤いのあるピュアな白目

蒼明感を演出するには、瞳もポイントです。
不自然なカラコンは厳禁。
自然体の目元で勝負しましょう。

充血や濁りのない発光感のある白目を手に入れるために、一日の終わりにはアイマスクで目元のケアを。
十分な睡眠をとることも欠かさずに。
蒼明感を理解できれば、今年のトレンドもしっかり抑えられるはずです。
ナチュラルなのに美しい、そんな蒼明感に溢れた女性を目指して、日々の自分磨きをがんばりましょう。