MONSTA X 左からヒョンウォン、ウォノ、キヒョン、ジュホン、I.M(アイエム)、ミニョク、ショヌ

写真拡大

MONSTA X 左からヒョンウォン、ウォノ、キヒョン、ジュホン、I.M(アイエム)、ミニョク、ショヌ

【画像】MONSTA Xの会見の写真を一覧で見る

今月17日にシングル『HERO』で日本デビューした韓国の7人組ボーイズグループ、MONSTA X(モンスタエックス)が19日、都内で会見を行った。

MONSTA Xは、人気アーティストやプロデューサーを審査員としたサバイバルオーディション番組『NO.MERCY』にて過酷な競争を勝ち抜いた個性豊かなメンバーで結成。K.willやSISTARなど実力派アーティストが所属する韓国事務所STARSHIP ENTERTAINMENTから2015年5月に『Trespass』でメジャーデビューした。翌年、『Fighter』がヒットし、「第31回 ゴールデンディスクアワード」の音盤部門で本賞を受賞。今月17日、韓国でヒットした代表曲『HERO』の日本語バージョンで日本デビューを飾った。

同シングルは、オリコンデイリーチャートで2位を獲得、満を持しての日本デビューは好調なスタートとなった。ファンへの感謝を口にするとともにリーダーのショヌは「本当にドキドキしています。2位になれたことでワクワクしています」とコメント。海外でのデビューは初めてで「緊張している」というヒョンウォンも「いい成績でスタートできました。日本のファンの方もたくさん応援してくださるので、とてもうれしい気持ちでスタートが切れました」。幼い頃から日本の漫画などに接してきたというジュホンは、「こうして日本に来て、日本語でデビューできたことを光栄に思います」とメンバーそれぞれ喜びを隠せない様子。

サプライズのケーキでお祝い!

その一方で、「チャートももちろん大事ですが、僕は、日本の歌手の皆さんは、長い間ファンの方から愛されていると聞いています。僕たちMONSTA Xも、ここ日本で長く愛される歌手になりたいです」(ミニョク)、「こうして日本でデビューできたことを心に刻んで、おごることのない立派な歌手になっていきたいです」(I.M/アイエム)と、気持ちも新たにしたようだ。

サプライズのケーキでデビューのお祝いも!

昨日は、発売記念として兵庫・西宮でフリーライブとハイタッチ会を開催。平日にも関わらず、2000人のファンが駆けつけたそう。日本のファンと接し、ミニョクは「天気がすごく暑かったけど、皆さんの顔が本当に幸せみたいで、僕の顔も本当に幸せに(なりました)」とうれしそうに日本語でコメント。ウォノも「新鮮でした。これからもたくさん日本のステージに立ちたいし、長くステージに立てたら」と話した。

また、SHIBUYA109では「MONSTA X POP UP STORE」にて衣装展示やオリジナルグッズの販売などを5月31日(水)まで展開中。メンバーは同ショップを訪れたそうで、ショヌは「活動を始めて間もないですが、熱い反応を見せてくださって感謝しています」。ヒョンウォンは「僕らの顔がすごく大きく展示されていてビックリしました。僕もグッズを買いたいと思いました」と笑いを誘った。

MONSTA X

日本でデビューしたばかりだが、すでに国内外で人気を集めており、グローバルな展開が期待されている。今年3月にリリースした最新曲『Beautiful』は日米のiTunesで1位を獲得、同曲を収録した初フル・アルバム『THE CLAN PART 2.5 THE FINAL CHAPTER』は、米ビルボード・ワールド・アルバム・チャート1位を獲得。そして、6月の韓国・ソウルを皮切りに4か国9都市11公演のワールド・ツアーが予定されている。ジュホンは、「ワールドツアーは、ショヌ兄さんの夢だったんです」と明かし、「これまで一緒に汗を流してきたメンバーと実現できて光栄です。本当に多くの方が僕らを愛してくだり、待っててくだり、声援を送ってくださることがうれしいです。僕たちのすべての力を注ぎ込みたい」と意気込む。キヒョンは「こんなに愛してもらっていいのだろうか、と思うほどです」と恐縮しながらも「全世界にいるMONBEBE(モンベベ=MONSTA Xのファン)に、僕たちが見せられるものをすべてを見せられるようにしっかり準備して臨みたい」。I.Mは「感謝という言葉しかありません。ワールド・ツアーをするに見合う、ワールドスターとして成長していけるようにこれからも努力を続けていきます」と謙虚に語った。

男性美あふれる力強いパフォーマンスと、強烈なラップ&セクシーなボーカルをが魅力だが、改めて、グループの魅力を問われたミニョクは「僕たちのコンサートに来て観ていただければ。“怪物”のようなカッコいい魅力を感じていただけると思います」と自信たっぷり。ジュホンも「僕たちは、自らアルバム制作や振り付けなどもしています。リード曲だけでなく収録曲を聴いていただくと、様々なジャンルの曲を歌いこなせるのが魅力を感じてもらえると思います」とアピールした。

エネルギッシュなステージとは間逆をいくようなやんちゃな素顔も魅力だ。メンバーそれぞれの魅力については、「歌っているときやステージの上、歌っていないときやステージの下でのギャップ。ステージを降りるとかわいいと言われます」(ショヌ)、「ステージの上では、エネルギッシュに、パワーのあるラップでカッコいい姿をみせようと務めています。ステージの下ではかわいい姿を。いわゆるギャップ」(ジュホン)、「(ショヌ:ベビーフェイスなのに身体は筋肉質じゃない?)それに加えて、よく食べるところかな?」(ウォノ)、「鼻と声がいいかな」(I.M)、「目と笑顔とエネルギーが僕の魅力」(ミニョク)とそれぞれアピール。メンバーから一斉に「顔! 顔!」と促されたヒョンウォンは「メイクさんから眉毛がすごいと言われたので眉毛かな」と話し、キヒョンは「各自の魅力もいいですが、7人揃った時が一番輝くと思います!」と綺麗にまとめた。

また、「日本で休みがあったら」という問いには、「ラーメン・ツアー」(ジュホン)、「田舎に行って温泉に入ってみたい」(ショヌ)、「ゲームが好きなので秋葉原に行きたい!」(ミニョク)、「綺麗な写真が撮りたいです。写真ツアー」(キヒョン)、「町歩き」(ヒョンウォン)、「伝統的な衣装を着てお祭りに参加してみたい」(ウォノ)、「うどん・ツアー」(I.M)と、個性たっぷりな回答で沸かせた。

この日は、8月に日本での初ファンイベント「MONSTA X, Japan Official FanMeeting Vol.1」(8月16日に愛知・ZeppNagoya、17日に大阪・Zepp Namba、21・22日Zepp Tokyo)も発表され、ミニョクは「ファンの方とコミュニケーションがとれるものにしたいと思っています」(ミニョク)とコメントした。詳細は、後日公式サイトで発表される。

最後に、「僕らもファンの皆さんも、このデビューの日を待っていました。幸せです」(ミニョク)、「ファンの皆さん、僕は本当に愛してる!」(ウォノ)と改めて日本のファンにメッセージを送った。