年々患者が増えていると言われる骨粗しょう症。骨がもろくなって骨折しやすくなるこの病気は、男性よりも女性の方がかかりやすいのをご存知ですか。それは閉経後に、ホルモンバランスが崩れることと関係があります。将来骨粗しょう症にならないためには、若いうちから丈夫な骨を作っておくことが大切です。骨粗しょう症予防に効果があるイソフラボンが、自然な形で簡単に摂れる機能性表示食品「オーガニック大豆もやし」をご紹介しましょう。

女性がかかりやすい骨粗しょう症

骨粗しょう症にかかるのは女性の方が多く、その男女比は1対3、男性の3倍にもなります。女性がかかりやすい理由のひとつは、閉経後に女性ホルモンであるエストロゲン(卵黄ホルモン)が減ってしまうことにあります。骨には肌と同じように新陳代謝があり、古い骨は壊されてなくなり、代わりに新しい骨が作られていきます。エストロゲンはこの骨の新陳代謝に大きく関わっているのです。エストロゲンが減ってしまうと、骨が壊れてしまいやすくなるばかりか、新しい骨ができにくくなってしまいます。

大豆イソフラボン摂取で骨粗しょう症が予防できる

骨粗しょう症を防ぐためには、エストロゲンを補うのが一番です。簡単に補う方法としておすすめなのは、エストロゲンと似た働きをする、大豆イソフラボンを摂取することです。大豆イソフラボンとは大豆製品に含まれる成分。イオントップバリュの機能性表示食品「オーガニック豆もやし」なら、摂取できる大豆イソフラボンの量が明確に分かり、とっても便利なんです。

骨の健康が気になる、更年期以降の女性のために作られた「オーガニック豆もやし」は、大豆イソフラボンの働きで骨の成分を維持し、骨の健康に役立ちます。イオントップバリュによる大豆イソフラボンに関する資料をご紹介しましょう。更年期の女性が1日47〜150mgのイソフラボンを6〜12カ月摂取することで、腰椎骨密度が2.38%増加することが認められたとのこと。また大豆イソフラボンが骨の新陳代謝に与える影響として、大豆イソフラボンを1日当たり37.3〜118mg、4〜48週摂取した場合、骨が破壊される速度が落ちるとともに、骨の形成速度が活発化するとのことです。

イオントップバリュ「オーガニック豆もやし」は、一袋200gあたり54mgの大豆イソフラボンを含んでいます。骨の健康を保つのに十分効果が期待できる量です。機能性表示食品は健康効果が分かりやすく明示してあり、利用しやすいのが嬉しいですね。

大豆イソフラボンで更年期障害の症状が改善

閉経後のホルモンバランスの崩れは、女性の体に様々な症状を及ぼします。エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンは、女性にとって強い味方なんです。なぜなら大豆イソフラボンの働きは、骨の健康を維持することだけにとどまらず、更年期障害の様々な症状の改善もしてくれるからです。そこで大人気なのが機能性表示食品「オーガニック豆もやし」。この商品のポイントは、安心して長く続けやすいこと。

もやしの値段は一年を通して安定しており、いつでも安く買える家計の強い味方です。しかも安心できるオーガニック製品。有機栽培された種子を、中央アルプスの地下水だけを使用して育てられたもやしとのこと。料理アレンジのしやすい「オーガニック豆もやし」を利用して、丈夫な骨を維持していきましょう。


writer:Akina