画像提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「AirPlayミラーリング」って何に使うの?』という質問に答えます。

***

AirPlayミラーリングとは、iPhoneの画面と音声をネットワーク経由でApple TVに転送するしくみです。転送はほぼリアルタイムに行われ、iPhoneの画面と音がApple TVに接続されたディスプレイに映し出されます。iPhoneの画面/音声を大画面でストリーミング再生するための機能、と言い換えてもいいでしょうか。対応するApple TVは第2世代以降、iPhoneと同じWi-Fiまたは有線LAN(Ethernet)に接続されている必要があります。

用途はさまざまですが、ポイントは「(Apple TVに接続された)大画面ディスプレイにワイヤレスでiPhoneの画面/音声を出力できる」ことにあります。KeynoteやPDFといった文書をiPhoneに表示すれば、そのまま大画面に映し出されるわけですから、パソコンにファイルを転送するなどの面倒がありません。データはiPhoneからWi-Fiで転送されるため、ケーブルの準備も不用です。HDMI端子を備えた映像機器であればApple TVに接続できるので、100インチを超えるようなプロジェクターの大画面も使用できます。

使いかたもかんたんです。画面下を上方向へフリックすると現れる「コントロールセンター」には、AirPlayミラーリングボタンが用意されており、これをタップすると同じネットワーク上にあるApple TVが表示されます。

なお、転送される画面/音声はデータ圧縮されるため、画質/音質という点ではオリジナルに比べやや劣ります。とはいえ、画面はBlu-rayなどに採用されている「H.264」、音声はiTunes Storeのフォーマットと同じ「AAC」が符合化プログラム(コーデック)として使われるため、ある程度のクオリティは保たれます。