『ライブ・スペクタクル「NARUTO−ナルト−」〜暁の調べ〜』囲み取材にて クランクイン!

写真拡大

 『ライブ・スペクタクル「NARUTO−ナルト−」〜暁の調べ〜』の公開ゲネプロが19日に都内で行われ、うずまきナルト役の松岡広大、うちはサスケ役の佐藤流司、春野サクラ役の伊藤優衣、うちはイタチ役の良知真次が囲み取材に出席。後輩との共演について聞かれた良知は、「今のところ無視はされていないです」と明かして笑いを誘った。

【関連】『ライブ・スペクタクル「NARUTO−ナルト−」〜暁の調べ〜』囲み取材フォトギャラリー

 前作のラスト「終末の谷」から時を経て、成長したナルトたちの物語を描く本作。シリーズならではのさまざまなギミックを取り入れた演出が駆使されるほか、今回は新たなキャストと“歌”を加えて、目にも耳にも刺激的に進化を遂げる。

 うちはサスケ役の佐藤は、「刀があったりですとか、前作以上に強力な忍術、そしてイタチとの闘いもありまして、うちはサスケの内容が盛りだくさんでお届けしようと思っております」と気合十分な様子。一方、初参加となったうちはイタチ役の良知は、「フレッシュさが日々日々移るかと思いきや、なかなか移らず、どうしようかと思いながら稽古しています」と語って笑いを誘い、「ものすごいセット、そして壮大な音楽とアクション、衣装でお届けします」と見どころをアピールした。

 良知は後輩たちについて聞かれると、「若手がすごく頑張ってくれているんです。しっかりしてるし、先日の再演を見させていただいたんですが、前回から参加している組は出来上がっているんです」と絶賛。「今回新しく入りますけど、僕は出来上がっているものを、ちょっと中和させるというか、ある意味ちょっと壊すくらいな感じで稽古させてもらいました」と意気込みを語り、「プライベートな部分は壊さずに。男子チームは同じ楽屋なんですけど、今のところ無視はされていないです」と自虐的に続け、佐藤や松岡を笑わせていた。

 『ライブ・スペクタクル「NARUTO−ナルト−」〜暁の調べ〜』は、2017年5月19日よりAiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕。