好きになった彼氏とは長く付き合っていきたいもの……。せっかくつかんだ恋をうまく継続させるためにはどうしたらいいのか、今日は簡単なポイントをお伝えしましょう。


恋を長続きさせるコツ1.彼氏と会う頻度を気にしない!


・「好きだからこそ頻繁に会うのは当たり前と思ってた。最低でも週二回は会いたかったし、自分の予定がキャンセルになったときにもサプライズで彼に会いにいったり……。今思うと会うことを強要してたのかな。彼から『付き合うの疲れた』と別れを告げられました。彼はもっと気楽な仲を望んでいたのだと思います」(20代・女性・アパレル)

・「私はデートの予定やスケジュールをしっかり埋めておきたいタイプで、これまで彼氏に『ノー残業デーには映画デート』とか『毎週末は二人で過ごそうね!』とか言ってきた。これまで恋が続かないのはそのせいだったんだと思う。今は何曜日に会うとか週末は二人で過ごすとかを決めつけないでバラバラの時間をあえて作ってます」(30代・女性・総務)

会うことをルール化するのは別れの原因に
長続きするコツは会う頻度にとらわれすぎないことです。相手のペースも考慮しましょう。会える回数で彼の愛情を推し量ってはいけません。会うことをルール化するとそれは次第に負担になってくるのです。

「好きだから週1回は会う」
「カップルな週末は一緒に過ごすもの」
「○○に行きたいからデートする」
というように“義務”を押し付けてはいけません。この先も長く付き合ってゆくなら、短期間でムリして会う必要などないのです。

自分のために時間を使おう
会わないことで不安になったり、ネガティブになったりせず、会えない時間こそ自分のために使いましょう。昔の友達と会って情報交換するもよし、映画を観たり本を読んで心に栄養を与えるもよし、部屋の模様替えで気分転換するもよし、ヨガや水泳で体を動かすもよし……。

彼と会えない時間を自分のために使うことはあなたの恋愛に必ず糧をもたらします。恋人に会えない寂しさや不満を募らせて、家で腐っているような女に男性は魅力など感じません。自分と会えないからと暇をもてあましている女子など鬱陶しいだけ。

男というのは“自分と会っていないときになんか楽しそうにしている彼女”の方が気になるのです。彼氏と会えないときも含めて「恋愛」なのだということをお忘れなく。

恋を長続きさせるコツ2.二人の目標を立ててシェアする!



・「『一緒に海外旅行に行きたいね』ってことで“旅行貯金”をすることに……。月々少しずつお金ため、約2年かけて先日念願のハワイに行ってきました。二人で頑張ってためたからこそ余計に楽しかったし、すてきな思い出になりました。それに彼となら結婚しても絶対やってけるという確信も持てました」(20代・女性・接客)

・「ちょっと油断してたら三キロも太ってしまった私。彼も最近飲み会続きで体型を気にしてて……。で、二人でランニングをはじめることに! さらにお互いの目標体重に達成したら『私の大好きな焼き肉を食べにいこう!』って彼がもちかけてくれて。おかげで挫折せずにすみました。二人で一緒にやることで、目標を達成できた喜びもひとしお! 今ではランニングデートでのコミュニケーションも二人の大切な時間になりました」(30代・女性・医療関係)

二人ですることで会話も増え、ラブラブカップルに♡
二人で共有できる計画や目標を立てたり、なにか共通の趣味を持つことこそ長続きカップルの秘訣です。「二人で何かをはじめる」「二人で目標を立てる」ことで二人の結びつきはより一層強くなり結婚へのイメージも湧きやすくなるのです。

結婚は共同生活です。二人が支え合って暮らしてゆかなければなりません。恋人同士のときに“共同作業”をすることで「互いがサポートし合える仲」という確信が持てれば「この先も大丈夫だ」という安心感も得られます。

また「一緒に同じことをする」と自然と二人の会話は増えてゆくもの。恋愛関係を深めるには二人のコミュニケーションが何よりも重要になってきます。心理学でもバーバル(言語的)コミュニケーションでカップルは満足感を得ることが実証されています。

二人で共通の趣味や目的があれば、必ず二人の今後の関係に良い影響を与えてくれるのです! 何かをシェアすることで、ますますラブラブなカップルになっちゃいましょう♡

恋を長続きさせるコツ3.大事なことは直接会って話す!



・「前の彼と何気ないLINEのやり取りからけんかになってしまい破局。『今日何してた?』からはじまって『飲み行った』『え? 誰と?』『どういう関係?』と発展……。LINEとかメールって送るのが簡単だからついプライベートなことに口を出しちゃったり、相手の友好関係とか聞いちゃったりして……けんかするなら直接会って話すべきですね」(20代・女性・美容師)

・「LINEはチャット感覚だから考えなしでバンバン送っちゃうんですよね。でも、自分にはささいなことが相手にはイラッとくることもあるし……。逆に相手には何でもないことが私には頭にくることも。話しの流れにそぐわないスタンプもイラッとしますね」(30代・女性・専門職)

・「既読がついたのに返信がこないからつい催促するようなスタンプを連投しちゃって。私としては『連絡なくて寂しいな〜』って気持ちを表現したつもりのスタンプだったんですけど、相手にはそれがウザかったらしく……。次の日彼氏から『もう終わりにしよ』的なジ・エンド系のスタンプが……」(30代・女性・販売)

長続きするカップルはLINEでけんかはしない!
付き合っていれば意見が食い違うことや相手に対して「あれ?」と疑問を持つこともあるでしょう。ですが、その抱いた違和感を文字にしてしまうのは危険!

今や連絡のツールとしては欠かせないLINEですが、誤解を招くことやズレが生じることもあるのです。顔を見て話せばなんでもなかったことなのに、文字やスタンプだと真意が伝わらないこともあります。あなたが何気なく送ったスタンプが相手の気持ちを逆なでしてしまうことだってあるのです。

長続きするカップルは、直接会ったときに自分の気持ちをぶつけます。LINEやメールではけんかをしません。LINEだと打たれた文字や言葉尻に執着してしまい余計こじれてしまいます。意思疎通するどころかLINEでけんかの原因をつくってしまっては元も子もありません。

メールやLINEで活字でのやり取りをするよりも「今度会ったときに話そうね」と提案しましょう。

二人のつながりを持続させよう♡


恋愛はバランスが大切です。我慢やストレスの度合いが大きくなってくると相手と一緒に過ごすのがキツくなってきてしまい、その恋は破綻します。

恋が長く続くカップルは、一緒にいても互いの負担が少なく、一緒にいることで満足感を得ることができるカップルなのです!
(神崎桃子)