19日、日本政府観光局が発表した4月の訪日外国人客は、前年同月比23.9%増の257万8900人と、単月として過去最高となった。国・地域別で特に伸びたのは韓国で、中国を抜いて国別トップに躍り出た。資料写真。

写真拡大

2017年5月19日、日本政府観光局が発表した4月の訪日外国人客は、前年同月比23.9%増の257万8900人と、単月として過去最高となった。これまでの過去最高は2016 年7 月の229 万6000人。1〜4月の訪日客も911万人と前年同期比で16.4%増加した。

国・地域別で特に伸びたのは韓国で前年同期比56.8%増の55万4600人。同2.7%増にとどまった中国の52万8800人を抜いてトップに躍り出た。続いて台湾41万3300人(前年同期比7.6%増)、香港20万9400人(同64.6%増)の順。

昨年は3月中だったイースター休暇が4月に移行し旅行客を押し上げたほか、継続的な訪日旅行プロモーションの効果や、航空路線の拡大、クルーズ船寄港数の増加が日旅行者数の増加を後押しした。桜をはじめ日本の春の魅力が浸透してきていることも、訪日意欲の喚起に繋がった。(八牧浩行)