北朝鮮 韓国・文新政権を批判する談話発表

写真拡大

 北朝鮮は、弾道ミサイルの発射を非難した韓国の文在寅新政権を批判する談話を発表した。北朝鮮が、南北対話に意欲を見せる文政権を批判するのは初めてのこと。

 韓国との窓口になっている北朝鮮のアジア太平洋平和委員会は18日、報道官談話を発表し、韓国の文在寅政権が14日の弾道ミサイル発射を批判したことに対して、「朴槿恵前大統領の憎たらしい姿を思い起こさせる」などと反発した。

 北朝鮮が文在寅政権を批判したのは初めてで、北朝鮮との対話に意欲を見せている文大統領をけん制する狙いとみられる。談話では、核・ミサイル開発について「韓国で政権がかわったからといって中断されたり速度が遅くなるものではない」と強調。今後も核実験や弾道ミサイルの発射を強行する姿勢を改めて示した。