北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、「対話と対決は絶対に両立しない」としながら、「朝鮮の分裂と侵略戦争を謀る外部勢力に追従して民族自主と国の平和統一を成し遂げることができないということは自明である」と主張するキム・ミョンチョルなる人物の個人名による論評を配信した。

韓国の文在寅大統領は、対話と制裁を並行する対北朝鮮政策を進める意向を示しており、条件が整えば対話が可能になるという点で米国のトランプ大統領と認識が一致している。キム氏の論評は、文大統領が示す対北政策をけん制する意図があると見られる。

論評は、韓国の朴正煕元大統領が1961年に起こした5・16クーデターについて、「南朝鮮社会の自主化と民主化、民族の大団結と平和統一を一日千秋の思いで願う南朝鮮人民の一様な熱望を銃剣で阻み、軍事独裁と国の分裂を永久化してみようとする奸悪な悪巧みの所産であった」と非難した。

朴正熙の娘である朴槿恵元大統領に対しても、「父の悲惨な末路から当然な教訓をくみ取る代わりに、執権後、『維新』独裁を復活させ、荒唐無稽な『体制統一』を夢見て極悪な同族対決策動に執着し、北南関係を史上最悪の破局へと追い込んだ」と糾弾した。

つづけて、「今、全同胞は外部勢力の干渉を排撃し、民族の団結した力で北南関係の改善と自主統一の大路を開くことを求めている」としながら、「対話と対決は絶対に両立しない」と強調した。

また、「対決は分裂であり、外部勢力追従は反統一である。これは、70余年にわたる民族分裂史の総括である」と主張した。

そのうえで、「真に北南関係の改善と祖国統一を願うなら『対話のある対決』という両立不可能な詭弁を掲げて民族の統一志向に逆行した『維新』独裁者の希世の罪悪から痛切な教訓をくみ取り、自主統一の大路を開くべきだという愛国・愛族の発起に応えて民族のための新しい出発をすべきであろう」と述べた。