ネパール側のエベレストで、自分撮り写真を撮るライアン・ショーン・デイビー容疑者(2017年5月18日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】世界最高峰エベレスト(Mount Everest)に無許可で、しかも1人で登頂しようとして逮捕された南アフリカ人の男が18日、AFPに「刑務所に入る覚悟」で臨んだと語った。

 外国人登山者がエベレストに登る許可を得るためにはネパール政府に対し、1万1000ドル(約120万円)の入山料を払わなければならない。だが、南アフリカ人のライアン・ショーン・デイビー(Ryan Sean Davy)容疑者(43)は、高額の入山料を払う余裕がなかった代わりにいつでも出頭し、刑務所に入る覚悟だったと語った。

 デイビー容疑者は先週、エベレストのベースキャンプ付近の洞穴に隠れているところを発見され、1週間後の15日、ネパールのカトマンズ(Kathmandu)で当局に出頭し、逮捕された。

 留置所でAFPの取材に応じたデイビー容疑者は、いつかは出頭することになると思っていたと語り、禁錮刑を科される可能性も認識していたことを認めた上で、エベレストでの冒険に関する映画と本を発表したかったとし、「許可を得る資金がなかったので、すべてを合法とするためには出頭し刑務所に入らなければならないと思った」と話した。

 デイビー容疑者には、正規の入山許可を得るのに必要な額の2倍に当たる2万2000ドル(約245万円)の罰金が科されている。デイビー容疑者は登山経験がなく、限られた装備で、しかも一人でエベレスト登頂を試みていた。

 デイビー容疑者は最近、2本の映画製作に全貯金を注ぎ込んだがうまくいかず、エベレストで誰かの命を救う機会に遭遇すれば、立ち直れると思ったと言い、「結果はどうあれ、誰かを助けることで何かを達成した気分になりたかった」と警察署の片隅で語った。
【翻訳編集】AFPBB News