株式会社クレディセゾンは、まったく新しいアイドルグループ「東池袋52」を結成し、5月20日(土)に勝手にアンサーソング『わたしセゾン』でデビュー、5月19日(金)19時よりWEBにてプロモーションビデオを先行公開する。

「東池袋52」は、全員がクレディセゾンおよび関係会社の社員。全国の勤務地で日々業務をこなす女性たちで構成されている。ダンスも、歌唱も、プロではない彼女たちが、日々、通常業務をこなしながら挑戦。グループ名は、東京・東池袋サンシャイン60の52Fにクレディセゾンの本社があることから名付けられた。

この度公開となる『わたしセゾン』制作にあたり、作詞はCM界を代表するコピーライター仲畑貴志氏、作曲はヒットメーカー多田慎也氏、振付は有名アイドルグループを数々手がける振付屋かぶきもん氏が担当している。

また、今回のプロモーションビデオ制作には、乃木坂46をはじめとするアイドルや有名ミュージシャンのPV作品を世に送り出した映像監督やカメラマンを招聘。池袋発、東京を、日本を、もっともっと元気にしたい、そんな思いを込めた本プロジェクトを成功させるべく、一流スタッフ陣が集結した。楽曲も、振付も、完全オリジナルになっており、一流のクリエイターたちが、本気で取り組んだ作品になっている。

本PVは、クレディセゾンサイト内での公開の他、一部地域でのTV CM展開、ラジオCMにて展開されるほか、アイドルらしく3タイプのCDも制作され、永久不滅ポイントとしてラインアップされる。

参加メンバーは「私たちクレディセゾンは、セゾンカウンター、インフォメーションセンターを中心に、人とのつながりを大切にしています。わたしセゾンは、とてもハードなプロジェクトだったけれど、私たち自身が楽しむ、好きになるという純粋な気持ちがこもったPVになりました。一人でも多くの方に見ていただきたいです。いつかはあのアイドルグループと共演したいですね。」と語った。

<撮影秘話>
池袋駅前ロケからはじまった今回のPV撮影。サンシャインシティでのダンスシーン撮影では、複数のカメラ、クレーン、照明の中、スタッフたちが真摯により良いクリエイティブを追求し、本来素人である彼女たちにも容赦なくリクエストが突きつけられた。今回は、そんな彼女たちの姿を収めたメイキングもWEBで公開中。