故障者/甲府=新井、熊谷、森、河 広島=佐々木、森島、茶島、川
出場停止/甲府=なし 広島=なし
U-20W杯帯同による欠場/甲府=なし 広島=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第12節
ヴァンフォーレ甲府-サンフレッチェ広島
5月20日(土)/14:00/山梨中銀スタジアム
 
ヴァンフォーレ甲府
今季成績(11節終了時):13位 勝点13 3勝4分4敗 8得点・11失点
 
【最新チーム事情】
●戦線復帰したウイルソンのコンディションが向上。
●前節の横浜戦で3試合ぶりの失点を喫したものの、守備組織に大きな不安はなし。
 
【担当記者の視点】
 前節の横浜戦はセットプレーから失点し、0-1で敗戦。インプレー中の守備組織に大きな綻びはなかっただけに、悔やまれる結果となった。
 
 3試合ぶりの勝点3を狙う今節のスタメンは、前節と同じ面子が並びそうだ。期待がかかるのは、徐々に調子を上げてきた2トップだろう。
 
 キープ力のあるウイルソンが前線の起点になり、それを突破力に長けたドゥドゥがサポートしてフィニッシュに持ち込む。狙い通りのカウンターがハマれば、ゴールを奪えるはずだ。
J1リーグ第12節
ヴァンフォーレ甲府 - サンフレッチェ広島
5月20日(土)/14:00/山梨中銀スタジアム
 
サンフレッチェ広島
今季成績(11節終了時):17位 勝点6 1勝3分7敗 9得点・18失点
 
【最新チーム事情】
●C大阪戦の大敗を受け、スタメンの入れ替えが濃厚。
●森粼が選手個々と話し合いを持ち、現状打破に動いた。
●宮吉が北九州との練習試合で45分間プレーし、負傷からの復帰をアピール。
●茶島と川粼が足首を捻挫して戦線離脱。
 
【担当記者の視点】
 前節・C大阪戦は今季最多の5失点を喫した。立ち上がりからボールへの寄せか甘く、次のプレーの予測もほとんどできないメンタル状態。利き足を自由に振り切れるほどのスペースを与えてしまえば、質の高いアタッカーを揃えているC大阪に通用するはずもなかった。個々が自分の良さを見失っている状況が続いているため、不振脱却の“特効薬”が見えづらいのが現状だ。
 
 復帰した森粼が青山や千葉、塩谷らと話し合いを持ち、森保監督も工藤と千葉、さらに林、塩谷、水本、青山らをトレーニングで主力組から外すなど「刺激」を与えた。ただ、要因が主としてメンタルにあるだけに、立て直しは決して容易ではない。