コリン・ファース
 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 映画『キングスマン』などのコリン・ファースが、ユダヤ系ドイツ人で哲学者のヴァルター・ベンヤミンを描く映画『ベンヤミンズ・クロッシング(原題) / Benjamin’s Crossing』で主演のベンヤミンを演じることになったとDeadlineが報じた。

 ジェイ・パリーニの同名著書に基づく映画化で、第2次世界大戦中パリからピレネー山脈をこえて、ナチスの追っ手から逃亡を試みたとされるベンヤミンの半生が描かれる。監督は、ファースが主演した1987年の映画『ひと月の夏』のパット・オコナー。

 ファースは、9月より全米公開される『キングスマン』の続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』の日本公開も決定。また、エミリー・ブラント、メリル・ストリープと共演のロブ・マーシャル監督作『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題) / Mary Poppins Returns』を現在撮影中で、来年12月に全米公開される予定だ。(鯨岡孝子)