「番人」SHINee キー“本名を使わない理由?キーとしてのキャリアを続けたい”

写真拡大

SHINeeのキーがドラマ2作目に取り組む覚悟を伝えた。

本日(19日) の午後、ソウル麻浦(マポ) 区上岩洞(サンアムドン) MBC社屋で新ドラマ「番人」の制作発表会が行われた。

この日キーは「前作である『おひとりさま〜一人酒男女〜』でキボムは明るいキャラクターだった。今と変わらないように見えるかも知れないが、少し違う」と切り出した。

続いて「今度はハッカーの役割だ。パソコンを多く使ってみた。スケートボードもがんばった。初めて乗ってみた。やってみると魅力があった」と説明した。

キーは芸名にこだわる理由も明かした。キーは「最初はかなり悩んだ。でも、キーとして重ねたキャリアを続けていった方がいいと思った」と付け加えた。

キーは、このドラマでハッカー役を演じる。

「番人」にはキム・ヨングァン、イ・シヨン、キム・テフン、キム・スルギ、キーなどが出演する。韓国で今月22日から放送が始まる。