オスプレイ(上)がリコシェとの壮絶な空中戦を制した

写真拡大

<新日本・後楽園大会(18日)>「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」Aブロック公式戦では前年度覇者のウィル・オスプレイ(24)がリコシェ(28)を撃破して初白星を挙げた。

 難易度超絶の空中技の応酬となった大一番で、オスプレイは変型ドラゴン・ラナからコークスクリューキックを発射。オスカッターで優勝経験者同士の一戦を制した。またIWGPジュニア王者の高橋ヒロムも獣神サンダー・ライガーとの注目対決に勝利して初日を出した。

 公式戦2試合を終えた時点で、連勝発進はドラゴン・リーのみと大混戦ムードが漂ってきた。