Kickstarter、年内にも国内サービス開始。日本から世界へ向けた出資募集の簡易化に期待

クラウドファンディングサービスの老舗Kickstarterが日本でサービスを開始することを明らかにしました。公式ツイッターがすでに告知をしており、そのツイートには日本語で「お楽しみに!」と添えられています。

2009年にサービスを開始したKickstarterは、これまでも日本から出資募集キャンペーンを張ることはできましたが、そのためにはKickstarterが公式にサービスを展開している国の銀行口座などが必要でした。またサービスは日本語対応していないため、出資をする側にも少しハードルが高く感じられていたかもしれません。

さらに、日本から出資をする場合は、出資へのリターンとして受け取れる品物、たとえばワイヤレス製品などが日本の法規に合致しているかを出資する側が自主的に確認しなければいけませんでした。こうした手間が、日本でのサービス開始によってかなり楽になると期待されます。

クラウドファンディングサービスは、日本国内でもすでにMakuakeやCampfireといったサービスがあります。圧倒的知名度を誇るKickstarterの上陸によって、さらにクラウドファンディング文化が浸透し、また日本から世界を対象とした出資募集キャンペーンもしかけやすくなりそうです。