能古島産の甘夏果汁をたっぷりと使った爽やか酎ハイ

写真拡大

JR西日本福岡支社は、福岡市西区の能古島の「甘夏」を使用した「能古島甘夏CHU-HI」を2017年5月16日に発売した。

同社グループが企画し岡山・広島エリアで大好評を得ているという、広島県尾道市瀬戸田町産のレモンを使用した「瀬戸田レモンCHU-HI」に続く、地域産品を使ったオリジナル飲料。

JA福岡市から仕入れた能古島産の甘夏果汁をふんだんに使った爽やかな酎ハイ。同島の甘夏は木になったまま完熟させるという「樹成り」が特徴で、潮風と太陽の光をたっぷりと浴びて育ち、甘くみずみずしいと評判だ。果汁6%、アルコール6%。

新幹線博多駅や小倉駅の駅ナカ店舗限定で取り扱う。

価格は170円(税込)。