MONDO GROSSO

写真拡大

 大沢伸一のソロプロジェクト・MONDO GROSSOが、6月7日に発売する『何度でも新しく生まれる』参加アーティスト第2弾を発表した。

(関連:乃木坂46 齋藤飛鳥、白石麻衣の新作は何を示唆? ソロ写真集で“視覚化”される個性と現状

 今回新たに参加が発表されたのは、乃木坂46・齋藤飛鳥、シンガーソングライター・大和田慧、女性シンガー・二神アンヌ、ソロシンガー・Kick a Show(キッカショウ)。齋藤は先行シングル「ラビリンス」に続き音源のみ発表され、ボーカリストが明かされていなかった楽曲「惑星タントラ」を歌う。同楽曲は彼女が実は文学少女だというエピソードからインスパイアされて制作され、作詞と共同プロデュースは、相対性理論などを手がけるやくしまるえつこ(作家名:ティカ・α)が担当した。また同時に齋藤本人出演の「惑星タントラ」MVが公開され、各配信サイトで楽曲の先行配信もスタートした。

 また、大和田はエレクトリックな裏打ちトラック「SOLITARY」を、大沢伸一が昨年結成したバンド・AMPSのライブで披露していた楽曲をアレンジした「ERASER」は、同バンドでもボーカルを担当していた二神が歌唱する。そして、SHINICHI OSAWA名義の「Our Song」を彷彿させる青春ソング「SEE YOU AGAIN」Kick a Showが担当し、同楽曲のMVも公開された。

 なおiTunesでは同作のプレオーダーがスタートしている。プレオーダー期間に注文するとフラッシュプライスとなり、特典としてiTunes限定トラック「春はトワに目覚める (Ver.1)」をダウンロードできる。また、6月6日にはデジタル先行でリリースされる。(リアルサウンド編集部)