舞木検査場20周年記念乗車券登場!

写真拡大

名古屋鉄道(名古屋市)は、1997年に開設した舞木検査場(愛知県岡崎市)が20周年を迎えたことを記念し、「舞木検査場20周年記念乗車券」と「同 ミューチケットカード」を2017年5月20日に発売する。

3種類の硬券片道普通乗車券がセット

同乗車券は、舞木検査場の前身である鳴海工場があった鳴海駅までの区間で利用できる、新「舞」子駅から600円区間(大人)、「木」田駅から500円区間(同)、「二十」軒駅から460円区間(小児)の3種類の硬券片道普通乗車券がセットになっている。また、専用台紙には検査場の歴史や特徴などを紹介。発売・通用期間は5月20日〜12月31日。価格は1セット1560円。

豊橋駅、本宿駅、東岡崎駅、豊田市駅、中部国際空港駅、金山駅、栄町駅、名鉄一宮駅、犬山駅、名鉄岐阜駅、名鉄名古屋駅サービスセンター、舞木検査場で取り扱う。

ミューチケットカードは、開設時と現在の舞木検査場がデザインされた特別車両券(ミューチケット)と引き換えができる、カード型ミューチケット引換券2枚をセットにした。発売期間は5月20日〜7月2日。引換期間は5月20日〜7月17日。価格は2枚1セット720円。

本宿駅、金山駅、名鉄名古屋駅サービスセンター、舞木検査場で取り扱う。

なお、舞木検査場での販売は名鉄でんしゃまつりが開催される5月20日のみ。