「プロデュース101」キム・テミン、腸閉塞症の診断…事務所がコメント“番組から降板する”

写真拡大

「プロデュース101」シーズン2の練習生キム・テミンが健康上の理由で降板を決めた。

19日、キム・テミンが所属しているハンアルムカンパニー側は「Mnet『プロデュース101』シーズン2に参加している練習生キム・テミンが腸閉塞症の診断を受けて手術が必要な状況だ」とし「キム・テミンがこれ以上『プロデュース101』シーズン2に出演するのは難しいと判断し、制作陣と十分に相談して番組の降板を決めた」と知らせた。

キム・テミンは「プロデュース101」シーズン2で“プロの驚き屋”などと呼ばれながら国民のプロデューサーたちに顔を知らせた。

所属事務所側は「情熱を持って番組に臨んだキム・テミンもとても非常に残念に思っている。手術後、一日も早く回復してより良い姿を見せることができるように会社も力を注ぐ」とし「キム・テミンが健康を回復した後、明るく元気な姿で挨拶できるように会社レベルで最善の努力を尽くす」と付け加えた。