18日、中国新聞網は記事「安倍首相、韓国とのシャトル外交再開で合意=慰安婦問題についての協議再開は望まず」を掲載した。安倍晋三首相は文在寅大統領の特使として来日した文喜相議員と会談した。写真はソウルの日本大使館前の慰安婦像。

写真拡大

2017年5月18日、中国新聞網は記事「安倍首相、韓国とのシャトル外交再開で合意=慰安婦問題についての協議再開は望まず」を掲載した。

18日午前、東京の日本首相官邸で、安倍晋三首相は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として来日した文喜相(ムン・ヒサン)議員と会談した。日韓首脳会談に向けて日韓両政府が調整することで一致したほか、両国首脳が定期的に往来するシャトル外交の再開についても、安倍首相は韓国側の提案に同意した。

一方で慰安婦問題について、安倍首相は「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい」と表明し、朴槿恵(パク・クネ)前大統領との合意を固守する姿勢を示した。会談後、文特使は日韓合意について「真摯(しんし)に話した」とだけ記者に話し、具体的な中身については明かしていない。(翻訳・編集/増田聡太郎)