「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」はNintendo Switch本体の販売台数を突破するほどの大ヒット作品となっているのですが、同じ内容の「Wii U版ゼルダ」をハッキングして、中ボスのカースガノン4体やラスボスの魔獣ガノンをフィールドにスポーンさせて戦ったり、無限にルピーの雨を降らして持てる金額の上限を調べたりするムービーが公開されています。

Zelda: Breath of the Wild - Spawn anything, anywhere! (Accio Code by Chadderz and MrBean35000vr) - YouTube

※ゲーム内のネタバレを含むため閲覧注意です。

草原にたたずむリンク



するとゲーム序盤に登場する老人がスポーンしました。



話しかけてみると、「たき火に当たって休んでいた」と話していますが、周囲にたき火は見当たりません。



老人から離れるとその隣に別の老人が出現。



あっという間に湧きまくり、老人の群れになってしまいました。このムービーの制作者であるMrBean35000vrさんは、Wii U版「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」で動作するコードを作成し、ゲーム中のNPCやアイテムを好きなように出現できるように改造したそうです。



ここにガーディアンがスポーン。おのおのが「死にたくない!」と叫びながら逃げ惑う阿鼻叫喚の様相です。





次はほこらに移動。



すると目の前にバラバラと剣や盾が降ってきました。



手に取るとゲットしたのは、ラスボス戦かamiiboからしかゲットできないレアアイテム「光の弓矢」。



さらにゲーム内で最強の盾「ハイリアの盾」



そして無造作に転がっているのは、選ばれし者しか抜けないはずの由緒正しき剣「マスターソード」。しかもリンクはすでに手にマスタソードを装備しています。



ただし2本目のマスターソードを拾っても、インベントリには追加されない模様。



イーガ団の大好物である「ツルギバナナ」が雨のように降っています。



その後でコントのように巨大な岩がリンクを直撃。



ハッキングコードによって何でも出現させることができ、リンクの周囲を囲むように金属の箱を定期的に落とし続けることも可能。



金属の箱が落下し続ける中、かなり強いMOBの「獣人 ライネル」もスポーンし、ありえない状況でライネルとバトルを繰り広げています。



別の場所では、無限にガーディアンが降り注ぎます。



無数のガーディアンがビームのターゲットをリンクに向け、さらにライネルもスポーンしてリンクに襲いかかるという無理ゲー状態。





ライフの上限値を上げるレアアイテム「ハートの器」は、出現させると宙に浮かせることができるとのこと。すでにリンクのライフはマックスの30個になっているため、取得することはできない模様。



しかし、がんばりゲージの上限値を上げる「がんばりの器」は、がんばりゲージがマックスの3周になっていても取得することが可能。



がんばりゲージの表示は変わりませんが、走りまくってもがんばりゲージが消費されません。見えないものの7周か8周までがんばりゲージが増加しているとのこと。



大量の鳥をスポーンさせると、めちゃくちゃラグが発生。



オーバーロードが発生すると、時間や周期に関係なく強制的に「赤い月」現象が発生します。



イベントムービーが終わると、バグで出現させた鳥がきれいさっぱり削除されていました。



アイテム、モンスター以外にルピーの雨を降らせることも可能。



ルピーを全く同じ場所から降らせると、テトリスのように重なっていくようです。



300ルピーが手に入る「金ルピー」が滝のようにリンクに降り注ぎ、すごい速度で手持ちのルピー額が上昇していきます。



しばらく続けたところ、持てるルピーの上限は「99万9999ルピー」ということがわかりました。



神獣に巣食うボス「カースガノン」をなんでもない平野に出現させることも可能。



1体でも手こずるカースガノン全4種が1カ所に集結するというカオス状態。



腕試しには持ってこいですが、さすがに無理っぽい。



出現させられるのは中ボスのカースガノンだけではありません。



突如として平野にラスボスの「魔獣ガノン」が出現。こんなところでラスボスを倒してしまうとどうなってしまうのかは、ムービーを最後まで見るとわかります。