@AUTOCAR

写真拡大

■どんなクルマ?

決して安全圏ではないスイフトの試乗

スズキ・スイフトはハッチバックを買うひとたちにとって魅力的な選択肢のひとつだ。

2005年に発売された2代目のスイフトは、パッケージング、3ドアと5ドアを選べる点(日本仕様は5ドアのみのラインナップ)、楽しいドライビングがウケてヒットを飛ばした。

ただ、時代は移ろい、新たな車種がいくつも発売されていくなかで「スイフト」は生き残るための戦いを余儀なくされている。

スズキのラインナップを見ても、似た感じのハッチバックは「バレーノ」「イグニス」そして「スイフト」の3つがあり、フォードも同じようにいくつかのハッチバックをラインナップしている。

知りたいのは「相変わらず楽しいか」

購買者にとって、クルマを選ぶ際に「これまでどのくらい売れたのか」は重要な決め手のひとつだ。また、新しいスイフトは4WDでマイルド・ハイブリッドという、同じようなハッチバックの市場を見ても珍しいパッケージングである。

これまで販売されていたクルマのなかから、ハッチバックで4WDという条件で選出すると、フィアット・パンダ4×4か、などのようなクルマになるかと思われる。これではスイフトの独壇場のような気もする。

べつに驚くことではないが、4WDシステムは1ℓモデルには合わせることができない。もし4WDを重視するのならば、1.2ℓエンジンのモデルを選ぶほかない。実はこのエンジン、以前にもテストを行っていたが、「パワー不足は否めない」とレビューした例のエンジンだ。

ただしパワー不足とはいえ4WDとハイブリッド・システムを導入してもなお、スイフトは1トンを切ったクルマである。これまでのドライビングの楽しさは死んでいないのか? 検証してみた。

■どんな感じ?

1.2ℓよりも1.0ℓか?

まず1.0ℓモデルはどうだったかというと、マイルド・ハイブリッドと称されたシステムの制御は良好。アイドリング・ストップからの再始動も静かでスムーズだ。試乗したのは6速マニュアルのモデルだったが、乗り味の良さは変わっていない。

さて肝心の1.2ℓモデル。4WDと自然吸気の組み合わせを試してみる。

車重は980kgと軽量ではあるものの、長い坂道が続くような状況だと低速ギアで目一杯まで引っ張らないとかったるい。総評としては1ℓ3気筒ターボ付エンジンのほうが、いい仕事をしているようにも思えた。

プラットフォームは先代モデルと比較しても軽く、堅い。段差を超えた際のクルマの動きも安定していて、小さいクルマに長けたスズキの腕前を見せられた感じだ。

もちろんハンドリングの良さではフォード・フィエスタに軍配が上がるものの、優秀であるといえるだろう。

装備を検証 4WDよりもFFか?

英国仕様の最高級グレードにはナビゲーション、Apple CarPlay、LEDヘッドランプ、クルーズ・コントロールのほかに、16インチのアルミ・ホイールなども標準で備わっている。

内装に関してはとてもいい仕上がりで、安っぽさなど感じないが、ただし素材の選択がミニ・クーパーやスコダ・ファビアなどのライバル車と比べて甘いのは事実だ。

これらを総合的に考えると、4WDのモデルよりももっと経済的な前輪駆動モデルを選んだほうが得策。

悪天候で厳しい路面状況でも、スロットル量やブレーキ量を計算して4WD車と同等の制御は介入してくるので、クルマは安定している。牧場のようなぬかるんだ場所にでも住んでいない限りは、4WDの恩恵を受けることはほとんどないはずだ。

■「買い」か?

4WDはオススメできない

4WDとスイフトとの相性については否定的な見方であるのには変わりないが、従来モデルと比較しても重量増は最小限だし燃費も1リッターあたり約22kmと優秀(標準モデルは約23km)。

排出するCO2はわずかに3g/km多いだけであるので、メリットがないともいえない。しかし、やはりネックなのはわずか89psであることと、4WDを謳っているわりに受ける恩恵が少ないこと。

つまり自信をもってオススメはできないというのが編集部の見方である。

スズキ・スイフト1.2デュアルジェットSHVSオールグリップSZ5

■価格 £15,499(223万円) 
■最高速度 169km/h 
■0-100km/h加速 12.6秒 
■燃費 22.2km/ℓ 
■CO2排出量 101g/km 
■乾燥重量 980kg 
■エンジン 直列4気筒1242ccガソリン 
■最高出力 90ps/6000rpm 
■最大トルク 12.2kg-m/4400rpm 
■ギアボックス 5速マニュアル