京都大の山極寿一じゅいち学長が、昨年のノーベル文学賞を受賞した米国歌手ボブ・ディランさんの歌の一節を取り上げた入学式の式辞を大学がホームページ(HP)に掲載したことについて、楽曲を管理する日本音楽著作権協会(JASRAC)が京都大に使用料が生じると指摘していることがわかった。

 京都大は「歌詞を少し紹介しただけで使用料が必要になるとは思わなかった」と困惑している。

 京都大によると、山極学長は4月の入学式で、学風につながる自由な発想を伝えるため、ディランさんの曲「風に吹かれて」の歌詞の一部を取り上げ説明。京都大は歌詞の日本語訳を含め式辞をHPに掲載した。

 JASRACによると、今月、電話で京都大に楽曲使用の許諾手続きを説明し、「HPに歌詞を掲載した場合、使用料が発生する」と伝えたという。