押切(左)と豊島会長

写真拡大

 聴覚障害者プロレス団体HEROを運営するGPSプロモーションが都内で記者会見を開き、競輪の元A級レーサーで優勝経験を持つ押切勇二(29)がプロレスラーに転向し4月27日付で、同プロに入団したことを発表した。

 押切は1987年10月16日生まれ、山形県庄内町出身で、身長167センチ、体重82キロ。同県羽黒高校時代は、ウエイトリフティングに励み、東北大会を制覇。インターハイ、国体では3位入賞の成績を収め、日本大学でも同競技で活躍。同大卒業後は競輪学校に入学し、11年7月に西武園でデビュー。同8月の函館で初勝利を飾り、13年8月の松戸で初優勝、15年3月の千葉では2度目の優勝を果たし、将来を嘱望された。しかし、昨年は鎖骨、肋骨、頸椎の故障に苦しんで不振にあえぎ、今年1月12日付で競技から引退した。年間獲得賞金は最高で約1500万円。

 もともと、プロレスラーになることを夢見て、ウエイトリフティングを始めたという押切だが、競輪界を去って、プロレスへの思いが再び沸いてきたという。押切は「小さいながら、おもしろい団体だと思った。豊島(修二)会長や佐藤(剛由)社長も信頼できる人だと思ったので、この団体に決めました」とコメント。あこがれていた選手として、獣神サンダー・ライガーの名を挙げた。

 デビューの時期について、同プロ・豊島会長は「プロスポーツ選手だったので、体はできていますが、焦ることはないと考えています。コーチと、しっかり見定めて決めていきたい。早ければ、9月16日に高島平区民ホールで予定している『HERO』の大会となりますが、年内にはデビューさせたい。彼にはあきらめない心を示してほしい」と話した。