グレイズ・アナトミー

写真拡大

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)の新作スピンオフドラマが米ABCにてシリーズ化されることがわかった。米Varietyなどが報じている。

このタイトル未定の新ドラマは、シアトルの消防署が舞台で、男女の勇敢な消防士たちが、新入りから上役まで、勤務中もオフの時でも、命をかけて業務に従事する姿を描いたストーリーだという。『グレアナ』シーズン14で、この新ドラマのキャラクターたちが初お目見えする予定。

ショーランナーは、ステイシー・マッキー(『グレアナ』)。製作総指揮は、彼を含めた、ションダ・ライムズ(『スキャンダル 託された秘密』『殺人を無罪にする方法』)とベッツィ・ビアーズ(『プライベート・プラクティス:LA診療所』)の3人で務める。

脚本家でもあるライムズについて、ABCエンターテイメントのチャニング・ダンジー社長は「彼女ほど、消防士たちの私生活と、日々直面している危険な業務上の姿を織り交ぜて描ける人はいません」とコメント。そして『グレアナ』の舞台としても有名であるシアトルについて「この素晴らしいスピンオフの背景としても完璧です」と、またもや同都市を中心として話が展開されることを明かした。

『グレアナ』からは以前に、同作のアディソン・フォーブス・モンゴメリー役(ケイト・ウォルシュ)を主役に迎えた『プライベート・プラクティス:LA診療所』がスピンオフとして製作されており、同作は2007年から2013年まで6シーズン続いた。

『グレイズ・アナトミー』シーズン13は、WOWOWプライムにて放送中。(海外ドラマNAVI)